Kōki,作曲の三浦大知「片隅」が「白衣の戦士!」挿入歌に決定!

©株式会社東京ニュース通信社

日本テレビ系で4月10日スタートの連続ドラマ「白衣の戦士!」(水曜午後10:00)の挿入歌がモデルのKōki,が作曲、三浦大知が歌う「片隅」に決まった。三浦は「初めてこの楽曲を聴いた時、美しく繊細で、深い切なさと大きな愛を感じるメロディーだなと思いました。Kōki,ちゃんは真っすぐで心(しん)があってとてもすてきで、今回一緒に音楽を作ることができて、すごくうれしかったです」とKōki,とのコラボをアピールしている。

ドラマは破天荒な元ヤンの新米ナース・立花はるか(中条あやみ)と婚活中の34歳ベテランナース・三原夏美(水川あさみ)を主人公に、白衣をまとった“天使”ならぬ“戦士”たちが仕事に恋に奮闘する姿をコメディータッチで描くもの。

Kōki,は木村拓哉と工藤静香の娘で、モデルとして活躍するほか作曲家としても活動しており、「このたびは楽曲を選んでくださり、大変感激しています。この楽曲はハイトーンボイスで実力のあるアーティストの方に歌っていただけるのを熱望して書いた曲でしたので、三浦大知さんに歌っていただけて本当にうれしいです。三浦さんの声がとても好きなので、自分の曲に息を入れていただき光栄です」と喜びを語っている。