愛知で新たに豚コレラ

瀬戸市、4500頭処分へ

©一般社団法人共同通信社

豚コレラが発生した愛知県瀬戸市の養豚場周辺に集まった防護服姿の陸上自衛隊員=10日午後

 愛知県は10日、同県瀬戸市の養豚場で豚コレラが発生したと発表した。農林水産省によると、一連の豚コレラはこれで19例目。愛知県内では7例目となる。県は午後にも陸上自衛隊第10師団(名古屋市)に災害派遣を要請し、飼育している全約4500頭の殺処分を開始する。

 養豚場から9日、「豚に発熱や食欲不振がみられる」との報告があり、県が立ち入り検査を実施。豚コレラに感染している可能性があったため、採血して精密検査をした結果、10日に22頭から陽性反応が出た。

 県によると、養豚場は3月27日と29日に感染を確認した施設など計4施設が集まる「養豚団地」内にある。