ブルース先制弾 マリナーズ開幕13試合連続アーチ

©MLB Advanced Media, LP.

【マリナーズ6-3ロイヤルズ】@カウフマン・スタジアム

マリナーズは初回にロイヤルズ先発のジェイコブ・ジュニスからジェイ・ブルースが7号ソロを放って先制。これで開幕から13試合連続本塁打となった。メッツからトレードで加入したブルースは、今季ここまで打率.188にとどまっているものの、7本塁打はコディ・ベリンジャー(ドジャース)と並んでメジャー最多タイ。マリナーズは開幕13試合で33本塁打となり、2000年のカージナルスがマークしたメジャー記録に並んだ。ブルースの一発で先制したマリナーズは、中盤以降にロイヤルズを突き放し、6対3で勝利。1908年以降、開幕13試合のうち11試合で6得点以上をマークしたのは、1908年以降、1932年のヤンキースに次いで今季のマリナーズが史上2チーム目となった。

記録づくめの開幕ダッシュを切ったマリナーズにおいて、先発のマルコ・ゴンザレスは球団史上2人目となる開幕4先発連続勝利を達成。この試合では、6回97球を投げてロイヤルズ打線を6安打2得点に抑える好投を見せた。マリナーズは2対2の同点で迎えた4回表に、ディー・ゴードンの2点タイムリーで勝ち越しに成功。7回表にもライオン・ヒーリーの犠牲フライとディラン・ムーアのタイムリーで2点を追加した。なお、ロイヤルズの1番打者、ウィット・メリフィールドは2安打を放ち、昨季から継続中の連続試合安打が30試合に到達。殿堂入りの名三塁手、ジョージ・ブレットが1980年にマークした球団記録に肩を並べた。