【チャンピオンズリーグ】シーズン残りはケイン不在か…ポチェティーノ監督が状態を説明「悲しいが今季は厳しいだろう」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

トッテナム・ホットスパーのマウリシオ・ポチェティーノ監督は、UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグで負傷退場となったイングランド代表FWハリー・ケインについて言及。今シーズンの出場は難しいと語った。

【チャンピオンズリーグ】ケイン負傷交代のピンチを救ったのはソン・フンミン!トッテナムが1点を守り切りシティを下す!

ケインはシティ戦の後半にイングランド代表MFファビアン・デルフに左足首を踏まれ、自らピッチの外に出て治療を受けた。結局58分にブラジル代表MFルーカスと交代となり、メディカルスタッフに支えられて退場する姿が見られている。試合は1-0とトッテナムが勝利したものの、ポチェティーノ監督は記者にケインのケガは今季絶望かと尋ねられると、「イエスだ。明日チェックする必要があるが、同じような問題に見える」とコメントした。

【プレミアリーグ】敗戦したトッテナムにさらに追い打ち…ケインが負傷で数週間離脱

「とても悲しいしとても落ち込んでいるよ。おそらく今シーズンいっぱいは休養となるだろう。大きな問題でない事を願っているが、回復までの時間がない。足首を捻っていて数時間は様子を見てみないと」。ケインは1月13日に行われたマンチェスター・ユナイテッドでも負傷しており、当時は1ヶ月以上の離脱を強いられた。

今季絶望とポチェティーノ監督が説明