King & Prince・永瀬廉主演映画のSWEETS&MEALを公開&上流階級の食事のマナーに大苦戦!?

©株式会社東京ニュース通信社

King & Princeの永瀬廉が映画初主演し、5月17日に全国公開となる映画「うちの執事が言うことには」に登場する上流階級のSWEETS&MEAL(スイーツ&ミール)と撮影秘話が公開となった。

本作は、永瀬が当主としては未熟で世間知らずだが、頭脳明晰(めいせき)で色彩に関しては特別な感知能力を持つ主人公、名門・烏丸家27代当主の烏丸花穎を演じ、花穎の新執事・衣更月蒼馬には清原翔が扮(ふん)している。気が合わないどころか、一触即発の関係の若き当主と、仏頂面の執事のコンビが、名門・烏丸家に降りかかる難事件に立ち向かっていくミステリー作品だ。また、大学生でありながら企業家でパティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナー・赤目刻弥を、永瀬と同じくKing & Princeの神宮寺勇太が演じ、物語の鍵を握るミステリアスな役でスクリーンデビューを飾っている。

そして、映画の中で、花穎が大好きなのが、原日出子演じる烏丸家の使用人・雪倉叶絵が焼くパンケーキということで、毎月10日の「パンケーキの日」を記念して、4月10日に映画に登場するSWEETS&MEALを一挙に公開することとなった。

今回解禁された“うち執”ならではの上流階級の世界を彩る烏丸家の朝食やスイーツ、赤目がオーナーを務めるパティスリー「アントルメ・アカメ」の極上スイーツの写真は、見た目もきれいでインスタ映え間違いなしのものばかり。本編でもその美しさが伝わるように、それぞれ皿の上から撮影されることが多かったという。これらの豪華なスイーツと料理が、映画の世界観を映し出す重要な役割を担っている。

また、永瀬は烏丸家の当主・花穎として、優雅に食事をするシーンが多く、ナイフやフォーク、スプーンを使う食事の所作に苦戦したという。「スープは皿に顔を近づけず、こぼさないようスプーンを自分に持っていく」「サラダは適度な量をフォークで刺す」など、言葉で表現すると簡単そうだが、実際にやってみるとなかなか難易度が高いマナーを、実際の執事の方に学びながら撮影を進めていった。さらに、花穎が大好きなパンケーキを食べるシーンで、永瀬は「一口で食べられる大きさにカットしたパンケーキをフォークで何枚かまとめて食べるというのが花穎のお気に入りの食べ方。だけど、所作を気にしながらなので、なかなかうまくいかず、パンケーキを何枚も焼いてもらいました」とエピソードを披露。それでも永瀬は、劇中ではそんな苦労は微塵も見せず、見事に気品あふれる美しい身のこなしで御曹司を演じきっている。