【セリエA】サンドロのPSG移籍に前向きなユベントス マルセロ獲得に向けた下準備か

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

ユベントスのブラジル代表DFアレックス・サンドロに対し、パリ・サンジェルマンが獲得を望んでおり、両クラブ間では前向きな話し合い行われるようだ。

【セリエA】A・サンドロがユベントスと契約延長!2023年までの長期契約に

スペインメディア『AS』の報道によると、PSGは来シーズンからサンドロ迎えようとユベントスと交渉をしていて、契約書サインまであとわずかに迫っているようだ。サンドロは昨年12月にユベントスと2023年までの契約延長を締結。しかし、PSGが違約金5000万ユーロ(約62億円)を払う用意がある場合は、ユベントスも売却を容認する方針だ。

【ラ・リーガ】低調なプレーが続くマルセロをジダン監督が擁護「私が好きな選手」

ユベントスが左サイドバックのサンドロ放出に抵抗があまりないのは、レアル・マドリードのブラジル代表DFマルセロ獲得に近づいているのが大きな理由だ。レアルでサンティアゴ・ソラーリ前監督に不遇の扱いを受けていたマルセロは、ジネディーヌ・ジダン監督が就任して以降も本来のパフォーマンスを取り戻すのに苦戦。インタビューでは度々クラブ退団を仄めかしている。ジダン監督はマルセロ復活のため積極的な起用を示唆しているが、昨夏ユベントスに移籍した大親友クリスティアーノ・ロナウドの誘いに前向きで、サンドロ退団と並行してユーベは獲得に乗り出すと言われている。

サンドロ移籍にについて前向きに話し合いが行われているよう