Vリーグが異例の早期終了日程

バレーボール五輪強化

©一般社団法人共同通信社

 バレーボールのVリーグ1部が日本代表強化のため、2020年東京五輪前の19~20年シーズンを通常より早く終了する計画であることが10日、関係者への取材で分かった。女子は1月末、男子は2月末に終わる異例の日程となる。今季は女子が4月13日、男子は同14日がリーグ最終日。日本は男女とも開催国枠で五輪に出場できる。

 シーズン開幕を早めるほか、プレーオフ期間を短縮。例年は12月開催の全日本選手権はリーグ終了後の3月に繰り下げる。五輪に向けた代表の長期強化合宿などを行うため、日本バレーボール協会からVリーグ機構に早期終了の要請があった。