特殊詐欺関与逃れようとした少年に暴行 私立高3年生逮捕

©株式会社神奈川新聞社

神奈川県警 泉署

 特殊詐欺への関与を逃れようとした少年に暴行してけがを負わせたとして、県警少年捜査課と泉署は10日、傷害の疑いで、横浜市港北区に住む私立高校3年の男子生徒(17)を逮捕した。この事件で逮捕された少年は5人目。

 逮捕容疑は、住所不定の無職少年(18)ら4人と共謀して2月13日夜、同市西区の公園などで、同市に住む無職少年(16)に暴行を加え、頭部などに約2週間のけがを負わせた、としている。調べに対し、男子生徒は容疑を認めている。

 県警によると、被害に遭った少年は、すでに同容疑で逮捕された無職少年から特殊詐欺の受け子役などをするよう指示されていたとみられる。暴行を受けた翌日に泉署の交番に駆け込み、特殊詐欺への関与を打ち明けるとともに傷害の被害を申告していた。