広3―15ヤ(10日)

ヤクルト、十回に12点

©一般社団法人共同通信社

4回ヤクルト2死一、二塁、バレンティンが左前に適時打を放つ=マツダ

 ヤクルトが首位に並んだ。3―3の延長十回1死満塁から失策で勝ち越し、バレンティン、雄平の適時打など8安打を集めて計12点を奪った。救援陣が無失点でつなぎマクガフが来日初勝利。広島は4失策の拙守で今季2度目の3連敗。