日ハム、延長11回西川憤死も、王が決勝打 栗山監督「下を向いてられる試合じゃない」

©株式会社Creative2

日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史】

2夜連続の延長戦を制し、連敗を止める

■日本ハム 3-2 ソフトバンク(10日・ヤフオクドーム)

 日本ハムが延長にもつれ込む接戦をものにし、連敗を止めた。10日、敵地ヤフオクドームへ場所を移してのソフトバンク戦。2-2の同点で迎えた延長11回に、王柏融の右前適時打で勝ち越し、接戦に終止符を打った。

 6回に大田の今季初アーチとなる2ランで先制した日本ハム。先発のロドリゲスは、その裏に今宮に同点2ランを浴びたものの。6回4安打2失点と力投した。7回以降も掘り、浦野、秋吉、宮西と必死の継投で繋ぎゼロを並べていった。

 延長11回。先頭の西川が四球で出塁すると、大田は三塁への内野安打。ここに松田の悪送球が絡み、無死一、三塁の絶好機を作った。ここで近藤は右飛。犠飛になるかと思われたが、右翼・上林のレーザービームによって西川が刺されて、勝ち越しのチャンスは潰えたかに思われた。

 だが、中田が代わった松田遼から四球を選ぶと、王柏融が右前へ弾き返し、これが決勝打。上林の送球も今度は逸れ、大田が本塁へと生還し決勝点を奪った。その裏は玉井、公文が締めた。

 延長10回降雨コールド引き分けに終わった前日の長崎での試合に続く2試合連続の延長戦を制した栗山英樹監督は試合後「(王は)よく打ちましたよね。チームが落ち着くまでは、みんなで一生懸命やるしかないんで。こっちも勝負をしてる。(西川が)アウトになって下を向いていられるような試合じゃないので。試合の中で細かいこと、やらなきゃいけないことがたくさんあった。選手も分かっている。それを潰して成長していく。今日はものすごくたくさんのことがあった。また明日頑張っていきます」と話していた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)