キラリ東温この人なう

愛媛県東温市 広報とうおん平成31年4月1日号 vol.174

©株式会社VOTE FOR

Y・Iくん(北方西)
夢はオリンピック
陸上競技とスケルトン競技の、二足のわらじでトップアスリートを目指す

総合型地域スポーツクラブ「川内さくらクラブ」 で陸上競技を始めたYくんは、小・中学時代からハードル競技で才能を発揮し、済美高校1年で インターハイ出場を果たしました。中学2年時には、基礎体力の向上やメンタル・食事・セルフケアなどの知識を身に付ける「えひめ愛顔のジュニ アアスリート発掘事業」に認定され、そこから日本スポーツ振興センターが主催する「ナショナルタレント発掘・育成合同トライアル(NTID)」 にエントリー。そこで適性を見出され、スケルトン競技に出会いました。 「初めて滑ったときは恐怖もありましたが、すぐに楽しさが上回りました。ハードルとスケルトンのシーズンも違うのでやりやすいです」と話し、強化合宿やジュニアオリンピックカップ出場で競技経験を積んだYくんは、日本連盟から「タレント育成事業対象選手」に認定され、12月、1月とカナダ合宿に参加。初の海外合宿を経て、競技力とともに、「日本代表としてオリンピックへ出場したい」という気持ちが高まったそうです。「何事も挑戦することが大事だと思います。これから陸上競技がシーズンインするので、まずはインターハイに向けて、できることをしっかりやっていきたいです」。専門の陸上競技とスケルトン競技を両立しながら練習に励み、夏と冬の競技の “二足のわらじ”で、全国でも活躍できるトップアスリートを目指します。