野々村真の娘・香音“ポテンシャル高過ぎ”で他の2世ども全員撃沈!

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

タレントの野々村真と俊恵(旧姓:坂上)夫妻の長女・香音(かのん)が3月31日、自身のブログを更新し、ファッション雑誌『Popteen』の専属モデルになったことを報告した。

香音が「明日、4月1日発売のPopteen5月号から専属モデルになります!! いつも応援してくれているみんなに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。いつもありがとう。これからみんなに会う機会をたくさんつくりたいし、ありがとうを直接伝えたいです」とブログにつづると、ファンからは「かわいい!」「期待してます。雑誌買うね!」「どの写真もめちゃかわいかったよ!」など、応援のメッセージが多数寄せられた。

 

無理なセレブ路線はいらない

「最近は80年代のアイドルブームで活躍したタレントの子どもたちが続々とデビューしており、新たな2世ブームが起きています。明らかに〝ゴリ押し〟感の強い2世がいる中、香音の評判はかなりいいですね。もともと幼少期のころから『かわいい』と業界でも知られた存在で、野々村夫妻も早くから芸能界入りを計画していたようです。2015年にはNHK大河ドラマ『花燃ゆ』に子役として出演しましたが、正直、演技力はいまいちでした。しかし、小中学生に大人気のファッション誌『ニコ☆プチ』『ニコラ』でモデルとして活躍していたため、同世代のウケは抜群と言っていいでしょう」(エンタメ誌記者)

『Popteen』の専属モデルといえば、過去に押切もえやローラ、鈴木奈々らを輩出していることからも、今後の香音の活躍に期待が膨らむファンも多いだろう。

「また、『ニコ☆プチ』『ニコラ』出身モデルには、飯豊まりえ、永野芽郁、蒼井優、沢尻エリカ、新垣結衣、川口春奈、二階堂ふみ、藤田ニコルら、そうそうたるメンバーが名を連ねています。タレントに重要な〝好感度〟を着々と築き、〝王道〟を歩んできたのも、両親の思惑があってのことでしょうね」(同・記者)

ネット上では、

《ニコラからPopteenはまさに王道。ブルガリ、シャネル? 知らんがな》
《無理にセレブモデルを気取るよりもいいよね》
《香音ちゃんに上げ底靴は不要》

など、何やら木村拓哉・工藤静香夫妻の娘・Kōki,と比べる声も出てきているが、人気の点ではもはや香音の方が圧倒的に上と言ってもいいだろう。

名だたる諸先輩方に続く人気女優になることができるか。今後の活躍に注目したい。

 

【アイキャッチ・イメージ画像】

xiuren..Click.Here…FREE / Shutterstock