鹿嶋市 屋内温水プール完成 市民健康づくりの場へ

©株式会社茨城新聞社

デモンストレーションの様子=鹿嶋市津賀

鹿嶋市が同市津賀に建設を進めていた屋内温水プール施設「いきいきゆめプール」が完成した。7日に竣工(しゅんこう)式が同施設で行われ、錦織孝一市長や来賓、施行業者ら約60人が完成を祝った。

25メートルプール7コースやトレーニング室を備え、市民利用のほか、市内の小中学校の授業などに活用される。16日からの供用を前に、14日まで午前10時〜午後5時まで無料で体験利用できる。

施設は、鉄筋コンクリート平屋建てで、延べ床面積約1278平方メートル。名称は公募により同市内の小学生の案に決定した。

プールは7コース中3コースが水深75センチと浅く、子どもから高齢者まで幅広い年代が活用できる。ヨガやエアロビクスなどに利用できるトレーニング室やジャグジーも備えた。スポーツクラブの水泳教室や高齢者を対象とした介護予防事業などの活用も見込まれる。

式典で、錦織市長は「健康寿命の増加につなげていきたい。市民の皆さまや子どもたちに大いに利用してもらえれば」と期待した。

16日以降の開館は午前9時〜午後9時。月曜休館。夏休み期間を除く5〜11月の平日午前9時〜午後1時は学校が使用するため一般は利用不可。料金(利用3時間まで)は、小学生未満は無料。市内在住者、在勤在学者に限り、小中高生と60歳以上が200円、一般が410円。市外の利用客は1.5倍の料金となる。(大槻光)