近江町市場で春まつり

©株式会社北國新聞社

 金沢市の近江町市場で11日、春まつりが始まり、初日はいちば館広場で本マグロの解体ショーが行われた。大分で水揚げされた75キロのマグロ2本を鮮魚店の女性従業員が切り分け、場内は熱気に満ちた。

 日頃の感謝を込めた春まつりは16日まで。期間中は日替わりで、タケノコと昆布の特売、能登の山菜フェア、たけのこご飯や国産牛の上サーロインステーキの販売などを行う。抽選会も実施している。