沖縄eスポーツ 12日に連盟設立 県内企業が参加

©株式会社琉球新報社

 コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」の振興を目的とした「沖縄eスポーツ連盟」が12日に設立される。練習会や交流会の開催で県内プレーヤーの競技力向上を図るほか、観光や福祉など異業界と連携してeスポーツを広める。沖縄ツーリスト(OTS)の東良和会長が代表理事を務める。

 沖縄のゲーム産業の拡大を目的とした「沖縄ゲーム企業コンソーシアムeスポーツ部会」に、OTSなどの県内企業が加わって連盟を設立した。現在、会員を募集している。

 初回のイベントとして13日午後1時から「eスポーツシンポジウムin沖縄」を那覇市の県男女共同参画センターてぃるるで開く。

 連盟の理事を務めるOTS MICE MANAGEMENTの玉城国博社長は「eスポーツをビジネスにして成功している人などを招く。沖縄が進む道や優位性が分かる。多くの人に参加してほしい」と話した。