日産、ピックアップトラック「ナバラ」を南アフリカで生産

©オートックワン株式会社

日産、ピックアップトラック「ナバラ」新型車を南アフリカで生産 南アの都市プレトリアにあるロスリン工場に投資

日産 ピックアップトラック「ナバラ」新型車の生産へ

日産は2019年4月10日、ピックアップトラック「ナバラ」新型車の生産準備のため南アフリカの車両組立工場に30億ランド(日本円:約240億 / 2019年4月時点)の投資を行うことを発表した。

ピックアップトラック「ナバラ」とは

ナバラは同社の「ダットサントラック」の輸出車名で、2016年のインターナショナルピックアップ賞をはじめ、世界中で数々の賞を受賞している。

2018年のグローバル販売台数は23万1435台(前年同期比6%増)で、同社のピックアップトラックとして最も売れているモデルである。

ナバラ生産による工場の体制強化

日産、ピックアップトラック「ナバラ」新型車を南アフリカで生産 南アの都市プレトリアにあるロスリン工場に投資

南アフリカ有数の都市プレトリアのロスリンにある同工場では現在、同社の小型ピックアップトラック「NP200」と「NP300」が生産され、南アフリカ国内外の45ヵ国に向けて輸出されている。

今後新型ナバラの生産が加わることにより、日産の小型商用車製造拠点としてのロスリン工場の機能が拡大されることになる。

なおロスリン工場における新型ナバラ生産は2020年開始を予定しており、工場での直接的な雇用に加え、現地のサプライチェーン全体で約1200名の新たな雇用を生む。

また同工場の現在の年間生産台数3万5000台に対してナバラの生産が年間約3万台加わると見込まれており、生産体制を現在の1シフトから2シフトに増やすほか、フレキシブルな製造ラインや新しい設備が導入される。

南アフリカ日産社長:マイク・ウィットフィールド氏のコメント

ナバラは南アフリカに最適のモデルです。南アフリカ政府による自動車生産開発プログラム(APDP)の大きな支援も受け、その生産を行う体制は整っています。

自動車の車両は、すでに南アフリカの総輸出の約14%に上ります。ナバラの生産は小型商用車の輸出拠点としてロスリン工場の機能を拡大し、自動車産業にさらに貢献するなど、APDP次期フェースの目指すところに一致しています。