「都立水商!」竜星涼の生徒役に恒松祐里、瀬戸利樹ら注目の若手が集結

©株式会社東京ニュース通信社

MBS、TBSほかで5月にスタートする竜星涼主演の連続ドラマ「都立水商!~令和~」(MBS=5月5日スタート・日曜深夜0:50、TBS=5月7日スタート・火曜深夜1:28)の生徒役キャストが発表され、恒松祐里、瀬戸利樹ら注目の若手俳優・女優が集結することが分かった。

ドラマは東京・歌舞伎町にある水商売の専門教育を行う公立高校を舞台に、大学を卒業して就職浪人中の石綿直樹(竜星)が、恋人を安心させるために「先生」の肩書欲しさに教員となり、着任後にキャバクラ科、ホスト科、マネジャー科、フーゾク科の四つの科がある「水商」が水商売の意味だと知るストーリー。原作は室積光氏の小説「都立水商!」で、猪熊しのぶ氏の作画で漫画化もされた。

新たに出演が決まったのは、石綿が担任を受け持つ3年C組の生徒たちで、キャバクラ科の元気印・真中希海役を恒松、元ヤンの武闘派ホスト科生徒・大竹哲太役を瀬戸が演じるほか、伊藤萌々香、神尾楓珠、大原優乃、飯窪春菜、小倉優香、小野寺晃良、バンダリ亜砂也、富田健太郎らが出演する。“ネクストブレーク”が期待される若手がどのような競演を見せるのか注目される。