東野幸治がNY生活中の渡辺直美に「それを日本では“無職”って言う」とツッコミ

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系では東野幸治のMCで、王道を捨てて少数派を選んだ“その他さん”の人生に迫るバラエティー「その他の人に会ってみた」を4月23日(火曜午後11:56)にスタートする。初回のゲストには4月からニューヨーク生活をスタートさせた渡辺直美、3月まで14年間 “体操のお兄さん”を務めた小林よしひさらが登場し、東野は「特番では渡辺直美ちゃんと一緒にやっていたので、今日はいないのかと思ったらびっくりした。いろんな“その他”が見られてよかったです」と見どころをアピールした。

同番組は2回の特番を経てレギュラー化されたもので、世の中のさまざまなアンケート調査や統計で“その他”の項目に含まれるような、異色の経歴の持ち主の生きざまを追う人物調査バラエティー。初回は渡辺、小林のほか、中村アン、スザンヌがゲスト出演する。

番組収録のために一時帰国した渡辺は「まだ10日間くらいですが、毎日英語の先生と勉強して、ジムに行ったり、ヨガに挑戦したりという日々を過ごしています」とニューヨーク生活を明かすと、東野から「それを日本では“無職”って言うんです」とツッコまれると、「あらイヤだ…」と苦笑い。今後は現地でさまざまなオーディションなどに挑戦するようで、「ニューヨークでのお仕事は本格的にスタートするものもあれば、挑戦するものもあります。頑張っていきたい」と意気込んでいた。

また番組では、NHK Eテレの子ども番組「おかあさんといっしょ」で“よしおにいさん”として人気を博した小林が“料理”という意外な一面を披露する場面も。東野が「僕とか直美ちゃんは見ていない世代なのですが、お子さんがいるスザンヌはど真ん中ですから。ゲストの温度差がひどかった。それも含めて面白かった」と冗談交じりに盛り上がりを明かすと、小林は「体操もやって、今日は料理も披露したので、かなり“その他”に当てはまると思う。たぶん歴代の先輩もやっていなかったと思うので、食い込めたら」とアピール。また、「おかあさんといっしょ」の出演が決まる前にバイクの中型免許を取得していたことを明かし、「バイクも購入したのですが、受かってしまったので売ってしまった。運転は危険ということもあって。また改めて大型免許を取ってバイクに乗ってみたいです」と話していた。