国土交通省航空局、エアバスA350型機に型式証明 JALが9月に商業飛行開始

©Traicy Japan Inc,

エアバスは、エアバスA350型機の型式証明を、国土交通省航空局より取得した。

エアバスA350型機は、短胴型のエアバスA350-900型機、長胴型のエアバスA350-1000型機、エアバスA350-900型機の超長距離飛行に対応したエアバスA350-900ULRからなる。エンジンはロールスロイス製のトレントXWBエンジンを装備している。3月末時点で50社から890機を受注している。

日本航空(JAL)がエアバスA350-900型機を18機、エアバスA350-1000型機を13機の計31機を発注している。今年半ばにも引き渡され、9月からエアバスA350-900型機を東京/羽田〜福岡線に投入する。JALによるエアバス機の発注は初めて。

エアバス・ジャパンのステファン・ジヌー代表取締役社長は、「このたび、日本でA350XWBの型式証明を取得できたことは私達にとって大変大きな成果です。日本航空によるA350XWBの就航を心待ちにしています」とコメントした。