ロシアの無名主婦、市長に

既存政治への不満票集める

©一般社団法人共同通信社

ロシア・ウスチイリムスクの市長就任式に臨むアンナ・シェキナさん=11日(共同)

 【ウラジオストク共同】ロシア東シベリアの小都市での市長選で、無名の主婦がプーチン政権の与党「統一ロシア」候補を破り当選し、11日に就任した。経済不振が続く極東やシベリアの地方選挙では与党が苦戦するケースが目立つが、実務経験がない“素人”の勝利は異例。有力な野党候補の出馬を認めなかった選管当局や既存政治への不満票を一手に集めた。

 選挙は3月下旬、ウスチイリムスクで実施。与党候補の市議会議長や、6歳の息子を育てるシングルマザーのアンナ・シェキナさん(28)ら計4人で争われた。

 シェキナさんは約44%の得票率で、圧勝と目されていた与党候補を上回った。