国民・玉木氏、候補再調整を要請

参院岩手選挙区、自由・小沢氏に

©一般社団法人共同通信社

 国民民主党の玉木雄一郎代表は11日、国会内で自由党の小沢一郎共同代表と合流構想を巡って会談し、夏の参院選岩手選挙区(改選数1)の野党統一候補の再調整を要請した。小沢氏は来週にも他党と相談する考えを示した。自由は共産、社民両党と新人の擁立を内定。国民は元衆院議員を推すが、調整は難航必至だ。

 玉木氏は会談後、記者団に岩手選挙区に関し「もう一度ゼロベースで議論してほしい。客観的に勝てる候補は誰かということだ」と指摘した。

 小沢氏は記者団に「中央以上に現場が固い」と述べ、再調整は難しいとの見通しを示した。