HOWL BE QUIET、2年振りの新曲「ヌレギヌ」配信開始!ドキュメントティザー映像を期間限定公開!!

©株式会社ポニーキャニオン

HOWL BE QUIETが、新曲「ヌレギヌ」を4月12日AM0:00より、主要音楽配信サイトにてデジタル配信リリースした。

久々の作品リリースに向けて、メンバーの竹縄 航太(Vo/Gt/Pf)からコメントも届いている。また、同曲の一部が試聴できるドキュメントティザー映像(Short)も期間限定で公開された。 

前作「Mr. HOLIC」から、おおよそ2年ぶりのリリースとなった今作は、3月30日からスタートした全国ツアー「HOWL BE QUIET 2019 ONE MAN LIVE」仙台、福岡公演で披露され、ファンの間で既に話題を集めている楽曲だ。

そんな「ヌレギヌ」は作詞を、YouTubeでの再生数390万回を突破した「阿吽のビーツ」を代表曲に持ち、インターネットを中心に活躍中のボカロPである 羽生まゐご と共作。編曲・プロデューサーとして、数多くのゲーム音楽にも携わり、DAOKOら多くのアーティストの楽曲編曲を担当している TAKU INOUE を迎えている。

昨年10月より新体制となったHOWL BE QUIET初のリリースでもある今作をぜひチェックして欲しい。

◆ドキュメントティザー映像(Short)◆

 ◆HOWL BE QUIET 竹縄航太 コメント◆

2年振りの新曲を出します。学生時代の2年はあっという間だし、カップルの2年はぼちぼち長いだろうけど、僕らにとっての2年はとても色濃い連続ドラマでした。進め。進みたい。止まる。脱退。憂鬱。殴り合いの喧嘩。新メンバー。希望。進め。「ありがとう」も「ごめんね」もまた今度。今はただ聴いて欲しいです。「ヌレギヌ」2年振りの新曲を出します。

―― 竹縄航太(Vo/Gt/Pf)

■配信作品情報

HOWL BE QUIET

「ヌレギヌ」作詞・羽生まゐご、HOWL BE QUIET / 作曲・竹縄航太 / 編曲・TAKU INOUE、HOWL BE QUIET

<LINKFIRE>https://lnk.to/howlbequietPR

【羽生まゐご】

ボーカロイド・プロデューサー(ボカロP)。初音ミクやflowerといったボーカロイドを使用した、エレクトロからロックまで多岐にわたる曲調が特色。ニコニコ動画を中心にボカロ・オリジナル曲を投稿。12作目となる「阿吽のビーツ」で自身初の殿堂入りを達成。YouTubeの再生回数は390万回を越える。その後も「懺悔参り」「ハレハレヤ」などが注目され、和楽器アレンジによる“和”、哀愁漂う“言葉”、瀬川あをじの個性的な“ヴィジュアル”で人気を博す。2018年10月に1stフル・アルバム『浮世巡り』をリリース。)

【TAKU INOUE】

コンポーザー/DJ。「鉄拳」「アイドルマスター」シリーズなどゲームの楽曲をメインに制作活動を行う傍ら、DAOKO等アーティストへのトラック提供も行っている。また、週末はDJとして国内外の様々なイベントに出演する。https://twitter.com/ino_tac

■ライブ情報

HOWL BE QUIET 2019 ONE MAN LIVE

日程:2019年4月19日(金) 時間:OPEN18:30/START19:00

会場:名古屋JAMMIN

※〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-7-1 東洋パーキングビル1F

【HOWL BE QUIETオフィシャルHP】https://www.howlbequiet.com/