超高速全身脱毛サロン「PIKARI」を展開する(株)OFFICE K(東京)が破産開始決定

©株式会社東京商工リサーチ

 (株)OFFICE K(TSR企業コード:015732045、法人番号:4011101074267、新宿区西新宿1-4-5、設立2015(平成27)年8月5日、資本金500万円、内田雄太社長)は4月1日、東京地裁に破産を申請し4月9日、破産開始決定を受けた。破産管財人には岩波修弁護士(桃尾・松尾・難波法律事務所、千代田区麹町4-1)が選任された。
 破産手続きに関する情報はPIKARIのホームページ(http://pikari-epi.jp/)で開示している。
 負債総額は約2億円だが、今後変動する可能性がある。

 超高速全身脱毛サロン「PIKARI(ピカリ)」を運営していた。積極的に出店を重ね、本社の新宿店のほか、町田店(町田市)、大宮店(さいたま市)、池袋店(豊島区)の4店舗を展開。超高速脱毛機の導入などを特徴としていた。
 しかし、出店などの投資に採算が追いつかず、資金繰りが悪化。先行きの見通しも立たず、事業継続を断念した。
 各店舗とエステティック契約した顧客について、一般社団法人日本エステティック経営者会と協議し、新しい運営会社が一部店舗の承継と救済措置を決定した。
 PIKARIの顧客は、「契約したエステ料金単価の30%を新運営会社に支払う」などを条件に、新運営会社の各店舗におけるサービスを受けることが可能という。
 PIKARI新宿店は、(株)LOL(TSR企業コード:298286890、法人番号:3010401086551、東京都港区、電話0120-980-233)が承継。
 PIKARI町田店は、(株)ミラックス(TSR企業コード:297806831、法人番号:7011001045274、渋谷区、電話042-850-9033)が承継。
 PIKARI池袋店は閉店、PIKARI大宮店も4月中に閉店予定だが、両店舗の救済措置は(株)J.BLOOM(TSR企業コード:015448177、法人番号:7013301037307、豊島区、電話03-6903-1255)が提供する。