宮城の中2男子が3月に自殺

遺族公表「原因調査を」

©一般社団法人共同通信社

 宮城県亘理町で3月、町立中2年の男子生徒(14)が自殺していたことが12日、分かった。生徒の父親(52)が仙台市内で記者会見し明らかにした。父親は「教諭による不適切な言動があったのではないか。自死の原因を知りたい」と主張。知事と亘理町長らに、第三者委員会の調査を求める要望書を提出した。

 県教育委員会は第三者委設置も含め、町と対応を協議する方針。

 父親によると、生徒は3月9日、亘理町内の自宅の自室で亡くなっているのが見つかった。遺書はなかった。昨年9月ごろから体調不良を訴えふさぎ込んでいたという。