大和ハウス、2千棟違法恐れ

耐火性や基礎構造に仕様不適合

©一般社団法人共同通信社

建築基準の不適合が約2千件見つかり、記者会見の冒頭で謝罪する大和ハウス工業の土田和人代表取締役専務執行役員(左)ら=12日午後、大阪市

 大手住宅メーカーの大和ハウス工業は12日、30都府県の一戸建て住宅と賃貸共同住宅計約2千棟で建築基準法に違反する恐れがあると発表した。耐火性が不十分なほか柱や基礎構造に仕様の不適合があった。内部通報により社内調査し、国土交通省へ同日報告した。このうち73棟は耐火性確保の改修工事をする必要があると判断し、月内をめどに工事を完了する。柱の仕様不適合は順次確認する。不適合住宅の影響世帯数は入居者など約7千に上る。

 賃貸アパート大手レオパレス21の施工不良問題に続く不正で、消費者の住宅に対する不信は拡大しそうだ。

大和ハウス工業の本社ビル=12日午後、大阪市