【ただの焼肉じゃない】「鉄板焼肉」を傾けて食べると“やみつき”になる!?

©(株)東京放送ホールディングス

とんこつラーメンにもつ鍋など、有名なグルメが多い博多。
ですが、“地元では知らない人がいない”とも言われる「鉄板焼肉」はご存知ですか?

オーダー方法や食べ方がちょっぴり独特で、お肉好きにはたまらない料理だそうですが、初めて食べる人は戸惑ってしまうという噂も?
そこで、博多のソウルフード「鉄板焼肉」の食べ方や楽しみ方を徹底解説します!

メニューはたった2種類!焼肉屋なのに鉄板もナシ?

焼肉屋さんといえば各テーブルに鉄板やロースターがあるのが普通ですが、「鉄板焼肉」のお店にはそれが見当たりません。
そして、店内のメニューはなんと「焼肉」と「めし」の2種類のみ!

お肉の部位が書いてあるメニューやサイドメニューなどは一切なく、お客さんが選べるのは、「焼肉」か「めし」と、それぞれのサイズだけ。

注文するときのおすすめポイントは、ダブルやトリプルを頼んで何人かでシェアするよりも、1人1つずつオーダーすること。「辛味や角度に好みがあるから」というのがその理由なのですが…「角度」とはいったい何なのでしょう?「鉄板焼肉」とはどんな食べ物なのでしょうか?

肉×油×ニンニク!「鉄板焼肉」はがっつり系の王道

「鉄板焼肉」は、豚のハラミ肉をたっぷりのニンニク&油で炒め、キャベツを加えてさらに炒め合わせたお料理。

1つ1つ鉄板のお皿で提供されるため、「鉄板焼肉」と呼ばれるようになったそうです。調理するときに使うニンニクと油の量は、がっつり系グルメの中でもかなりハイレベル!

豪快に炒められたハラミやキャベツにはきちんと食感が残っていて、食べ応えは満点。パンチの効いた風味がたまらないと学生や男性を中心に大ブレイクし、今では博多中で大人気のメニューとなっています。

独特の食べ方をマスターして自分好みの味に♪

「鉄板焼肉」が博多の人たちに支持される理由は「味をカスタマイズできる食べ方」にも隠されていました。

「鉄板焼肉」を食べるときには、お店のテーブルに置いてある“短い木の棒”を使います。

棒をテーブルと鉄板の間に入れて鉄板を斜めにし、お肉とキャベツを上の方へ寄せます。

すると、お肉の脂が流れて鉄板の下の方へ集まります。
そこにお店の特製辛味噌を加えて混ぜたら、タレにしてお肉とキャベツをいただきます!

辛味噌とともにいただく「鉄板焼肉」は“ニンニクの効いた回鍋肉”のようなしっかりめのお味。タレのからんだお肉やキャベツは、ご飯との相性もぴったりです♪

メニューが2種類しかなく、独特の食べ方がポイントの「鉄板焼肉」。地元・博多には、特製辛味噌と脂を合わせた“オリジナルのタレ”がやみつきになって、しょっちゅう食べに行くという人もいるのだとか。博多へ行ってお腹が空いたら、「鉄板焼肉」をがっつり食べて元気をチャージしたいですね。

  • 店名:鉄板焼肉 大当り
  • 住所:世田谷区経堂1-25-19
日本全国の絶品グルメ&穴場スポット巡りぴったんこカン・カン(TBS系列:金曜よる8:00~)