北朝鮮の潜水艦建造継続を発表

米分析サイト「38ノース」

©一般社団法人共同通信社

3月23日に撮影された北朝鮮東部新浦の造船所の衛星写真。(1)船体に使用されるとみられる部品(2)部品など(3)建造場(プレアデス(C)CNES 2019、エアバス・ディフェンス・アンド・スペース/38ノース提供・共同)

 【ワシントン共同】米国拠点の北朝鮮分析サイト「38ノース」は12日、最新の衛星写真に基づき、北朝鮮東部新浦の造船所で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)用の新型潜水艦建造が継続している可能性があるとの分析を発表した。

 38ノースによると、3月23日撮影の衛星写真で、船体に使用されるとみられる部品が、4月5日には資材置き場からなくなっていた。発射実験場では11日までに発射装置も確認されたが、活動の目的は不明としている。港での桟橋建設も続いているとの見方を示した。

 潜水艦建造を巡っては今月5日付の韓国紙、朝鮮日報も北朝鮮が新浦で本格的に着手したと報じている。