八村にポジション最優秀賞

米バスケットボール殿堂

©一般社団法人共同通信社

八村塁(ゲッティ=共同)

 【ロサンゼルス共同】米国のバスケットボール殿堂は12日、全米大学体育協会(NCAA)1部における各ポジションの最優秀選手を発表し、スモールフォワードの部のジュリアス・アービング賞にゴンザガ大の八村塁が選出された。同賞はファン投票と殿堂選考委員会によって選ばれる。

 スモールフォワードは攻守にオールラウンドな役割が求められる。ロサンゼルスでの授賞式は、スポーツ専門局ESPN系列で生放送された。八村は「今ここにいることに恐縮しています。(渡米したばかりの時は)英語が話せず、米国の文化も分からなくて辛かった。でもチームメートとコーチが助けてくれた」と感謝した。