ティモシー・シャラメをもっと知るための15の事柄

©株式会社近代映画社

「君の名前で僕を呼んで」のブレーク以来、知名度もぐんとアップしたティモシー・シャラメ。そんな彼の基本情報からびっくりの素顔まで、まるごとまとめてみました。(文/川口敦子・デジタル編集/スクリーン編集部)

「君の名前で僕を呼んで」おさらいはこちら

父の助手に恋した少年…相手は男?!「君の名前で僕を呼んで」ラスト3分半の感動とは?

01:生いたち

1995年12月27日NY市マンハッタン、ヘルズキッチン地区生まれ。射手座。

02:家族・父

フランス、ニーム出身の父はユニセフに勤務。その父方の祖父はユグノー派の牧師で、カナダ出身の祖母とロワール地方ル・シャンボン・シュル・リニョン在住。子供の頃、ティモシーは毎夏この祖父母を訪れ夢も仏語で見るほどに。サッカー選手を夢見て地元の子供のコーチも務めた。

03:家族・母

授賞式のお供でおなじみのママはユダヤ系の元ダンサー。彼女の父は、ポール・ニューマン主演作「パリの旅愁」の原作者でもある脚本家、母は元ダンサー、兄はホラーコメディ「アイドル・ハンズ」などの監督と、母方はショウビズ一家。ティモシーの3歳違いの姉もパリに住む女優で監督だ。

イベントにも同伴するくらい母親とは仲がいい

04:名前

愛しい人を「僕の名前で」呼んだあの映画のあの場面も忘れ難いが、“僕”本人の名はテモテと発音するのが正解。でも仏語読みに訂正するのは気取り屋みたいで…と控えめなところも素敵。ミドルネームはハル。

05:出身高校

フィオレロ・H・ラグァーディア演劇音楽芸術高校は、アル・パチーノほか名優を輩出している名門校。ここでティモシーの才能にいち早く気づき面接落第の彼を強力プッシュで入学させた恩師の姿は昨年のオスカーナイト、教室からの中継で確認できた。ちなみにデビュー作「ステイ・コネクテッド」で共演のアンセル・エルゴートは同窓の親友。

「ステイ・コネクテッド」プレミアにて親友で共演者のアンセルと。(左から2人目と4人目)

06:ブレーク前夜

「君の名前で僕を呼んで」で注目の新星となる前にはオーディション落選の憂き目にも遭っていた。「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」ではスパイダーマン役に挑んだがトム・ホランドに惜敗したそう。

トム・ホランド

【トムホ大解剖】今世紀最高のスター誕生!トム・ホランドってこんなにスゴイ!

07:「インターステラー」悲話

業界紙主催の対談によれば、憧れの監督クリストファー・ノーランの下で演じたモノローグの場面を楽しみに試写を見たら、余りのあっけなさで落胆。帰宅後、1時間泣き続けた。でもその後、大画面で12回も鑑賞したというから可愛い♡

「インターステラー」

08:お気に入り

俳優=ホアキン・フェニックス、監督=ポール・トーマス・アンダーソン、映画=ふたりのコンビ作「ザ・マスター」。音楽ならキッド・カディ、NYでピザならMUDがお薦め、トンプキンススクエア・ベーグルもグッドだって。

「ザ・マスター」

09:恋の噂

マドンナの愛娘で高校が同じローデス・レオンとの交際は本人も認めている。新作『A Rainy Day in NY』のセレーナ・ゴメスに続き、『The King』の共演者リリー・ローズ・デップとの目撃
情報もあるが真相は?

リリー・ローズ・デップ

10:舞台でも活躍

70年代が舞台の家族コメディ『The Talls』(11)では、性的興味が芽生えた12歳の末っ子を好演。『Prodigal Son』(16)では名門校の反逆児役で、ジェームズ・ディーンを彷彿させると絶賛された。

11:仔馬ちゃん

人なつこい弟分として「レディバード」の監督グレタ・ガーウィグとシアーシャ・ローナンがつけた仇名がこれ。新作の『若草物語』でもふたりになついている?

グレタ・ガーウィグが『若草物語』を久々に映画化へ。出演者は?

12:銀幕の父親たち

「インターステラ—」のマシュー・マコノヒー、「ビューティフル・ボーイ」のスティーヴ・カレルら父親役の俳優たちからは公私共に多くを学んだ。中でも「君の名前で僕を呼んで」のマイケル・スタールバーグの幕切れ前の台詞には役を離れて聞き惚れた。心も体もすぐに萎びるからと息子の恋を肯定する先達としての言葉。深い!

新作つい4/12公開!「ビューティフル・ボーイ」シャラメ、ドラッグ依存熱演

「ビューティフル・ボーイ」しっかり解説!

13:ニックス大好き

NYっ子だけにNBAの地元チームの熱狂的支持者。レブロン・ジェームズが契約更改でニックス入りかと囁かれた2010年の夏には、CMで稼いだ初めてのギャラをシーズンチケットに注ぎ込んだ。しかしこのスター選手はマイアミに。ティモシーはそれはもう思い切り落ち込んだそう。

14:ティミーT

ラッパーとしての名前もある。高校時代に踊って歌ったビデオがトーク番組で公開され、思わず赤面のTなのだった。

15:新作続々

ウディー・アレン監督のロマコメ『A Rainy Day in NY』、ヘンリー5世役の史劇『The King』、SF大河小説の新たな映画化『Dune』、「若草物語」の新たな映画化『Little Women』、50年代パリのニュース支局が舞台の『The French Dispatch』、そして「君の名前で僕を呼んで」続編。乞うご期待!

「君の名前で僕を呼んで」の続編にも出演。今から楽しみ!

「君の名前で僕を呼んで」の続編について監督が具体的構想を

Vera Anderson/Wireimage/Getty Images

超注目の美形アクター ティモシー・シャラメに迫る!トリビアとインタビューをお届け!

超注目の美形アクター ティモシー・シャラメに迫る!トリビアとインタビューをお届け - SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)

ティモシー・シャラメにとって難しい役柄に取り組むことより辛いこととは…?『ビューティフル・ボーイ』インタビュー

美しすぎるティモシー・シャラメ、いま何を思う? - SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)