白鶴酒造が酒蔵開放 地元への感謝込め

©株式会社 サンテレビジョン

神戸市東灘区に本社を置く白鶴酒造で酒蔵を開放して日本酒のPRと地元の人に感謝の気持ちを伝える酒蔵開放が開かれました。

このイベントは毎年秋と春に行われるもので、13日は日差しも暖かく花見日和となったこともあり、例年よりも多くの人で賑わっています。

ことしは環境にも配慮した催しとなっていて、100円のおちょこを購入すると試飲に参加できるシステムを採用。 これでプラスチックカップおよそ2万個ものごみの削減につながるということです。

参加した人たちは大吟醸や純米酒、梅酒、「垂れ口」と呼ばれるここでしか飲めない搾りたての日本酒など数種類のお酒を飲み比べて味の違いを楽しんでいました。