趣味や健康情報 シニア世代が続々 岡山でフェア始まる

©株式会社山陽新聞社

ステージで披露された石見神楽

 シニア世代に趣味や健康に関する情報とステージイベントを届ける「アクティブシニアフェア2019」(山陽新聞社主催)が13日、岡山市北区大内田のコンベックス岡山で始まった。14日まで。

 自転車やキャンピングカーの展示、骨密度の測定、占いなど多彩な計88ブースを用意。新見市や井原市など県内16市町の特産品・ご当地グルメを販売したり、国内外の観光地を紹介したりするブースもあり人気を集めた。

 ステージでは、島根県江津市の小学生と大人計17人が石見神楽を披露。来場者らがカメラを向け、迫力ある舞に見入っていた。

 パート女性(70)=倉敷市=は「観光名所を確認できたので旅行に行きたくなった。神楽も迫力満点で楽しかった」と話した。

 山陽新聞創刊140周年記念イベントで、14日は午前10時~午後4時。お笑いコンビ「千鳥」や「岡山県住みます芸人」の江西あきよしさん出演のトークショー(同2時)もある。入場無料。