遮断機の棒切断疑い男逮捕

京成線「渋滞で腹立った」

©一般社団法人共同通信社

 千葉県船橋市にある京成線の踏切で遮断機の棒が切断された事件で、県警船橋署は13日、器物損壊容疑で同県市川市、自営業中野勝徳容疑者(53)を逮捕した。「仕事があるのに渋滞で車が動かなくなり、腹が立ってやってしまった」と、容疑を認めている。

 逮捕容疑は同日午前7時から同7時半ごろ、船橋市宮本8丁目にある踏切で、遮断機の棒2本をのこぎりのような物で切断した疑い。

 県警は、目撃された車のナンバーなどから容疑者を特定。現場の踏切は人身事故の影響で遮断機が下りたままになり、渋滞していた。京成電鉄は事件後、新しい棒を設置して踏切を復旧させた。