「車動かず腹立った」と逮捕の男

©一般社団法人共同通信社

 千葉県警によると、京成線踏切で遮断機の棒を切断したとして逮捕された男は「仕事があるのに渋滞で車が動かなくなり、腹が立ってやってしまった」と容疑を認めている。