ARTA NSX-GT 2019スーパーGT第1戦岡山 予選レポート

©株式会社サンズ

第1戦 岡山国際サーキット

セット詰めきれずも、予選5位を確保

 昨年はポールポジション3回、優勝2回で最も速さを印象付ける成績を残しながらもチャンピオンを獲得出来なかった野尻智紀選手と伊沢拓也選手だが、今年こそは二人で力を合わせてチャンピオンを目指していく。

 冬のテストでは、8号車は大きなトラブルもなく順調にテストメニューを消化して来たが、ライバル達の仕上がりも良さそうなので、より激しい戦いが見られそうなシーズンになりそうだ。

 午前中のフリープラクティスでは、3月に行われたテストの結果を元にセットを進めていったが、微妙なコンディションの変化になかなかセットが決まらず5番手でセッションを終えた。

 午前は肌寒いコンディションだったが、Q1が始まる頃には上着を脱ぎたくなるまで気温があがってきた。この変化がどの程度順位を変えるか興味深いところだ。

 伊沢選手は今年最初のQ1に向けて集中力を高めていき車に乗り込んだ。車のバランスは悪くなさそうだが、他車のタイムが非常によくQ1突破が危ぶまれたが、伊沢選手は7番手で見事Q1を突破した。

 Q2はプレッシャーがかかる中、野尻選手はゆっくりとコースイン。タイヤに熱を入れてタイムアタックが始まった。タイミングモニターでは序盤に上位に表示されるものの、徐々に他車がタイムアップし最終的には5位で予選を終えた。セットが決まらなかった中、チームとドライバーは表彰台を狙えるポジションで予選を終える事に成功した。明日は雨が降る予報なので、しっかりと準備をして開幕戦に挑みたい。

ARTA NSX-GT

鈴木亜久里監督のコメント

「車のセットがなかなか決まらなかったけど、そんな中でチームもドライバーも良い仕事をしてくれたと思うね。明日は雨が降るみたいだからチャンスはある。だけどまずは確実に走りきり、1点でも多くポイントを獲る事が重要だね」

星学文エンジニアのコメント

「朝のフリー走行は3月の公式テストのセットをアジャストしたもので走り出しました。それほど悪くはない感触が得られていましたが、タイヤとコンディションのマッチングに少し苦労しました。ちょっとしたコンディション変化でバランスが変わってしまうようなところがあったので悩みました。Q1は伊沢選手に行ってもらいましたが、このときはコンディションが合っていたのか、バランスはそこそこ良かったです。Q2に向けてセットを少しアジャストしてみたのですが、やり過ぎてしまったせいかタイムが伸びませんでした。タイムが伸ばせなかった原因を探して明日の決勝に挑みたいです」

野尻智紀選手のコメント

「ちょっとだけミスがあったとは思いますが、ミスが無ければトップが獲れていたかというとそうでも無いので、まずまず車のポテンシャルを引き出して、タイムを出せたと思っています。
明日はコンディションが大きく変わると思いますので、車と自分の課題をクリアし、明日のレースを戦っていきたいと思います」

伊沢拓也選手のコメント

「ギリギリではありましたが何とかQ1を突破する事が出来たので、自分の仕事は出来たと思います。テストから速かったニッサン勢が今回も速かったので、レースは天候も含めて荒れそうなので、確実にポイントが獲れるようなレースをしていきたいです」