Jフォイル、14日から本来の7往復に 佐渡汽船、「つばさ」の復帰を前倒し

©株式会社新潟日報社

 佐渡汽船は13日、新潟県佐渡市姫崎沖で3月に起きた衝突事故後、1日4往復に減便していた新潟-両津間のジェットフォイルを、14日から本来の7往復の運航にすると発表した。「つばさ」の定期点検が早く終わり、当初予定していた18日より前倒しで2隻態勢に戻す。

 17日までは、事故後に臨時運航していた午前5時45分新潟発の始発便を予約客に配慮して残すなど、一部変則運航となるが、18日から午後5時55分新潟発の最終便が復旧し、通常ダイヤになる。

 「すいせい」1隻での運航が続いていたが、12日に「つばさ」の定期点検が予定より早く終了。試運転でも問題がなかったため、復帰を前倒しした。

 事故で損傷した「ぎんが」は入れ替わりで自社ドックに入ったが、修理には約3カ月かかる見込み。大型連休中に3隻態勢で予定していた、9往復への増便はできない。