鷹首位タイ浮上 ハム宮西が通算300ホールド達成、オリ“ラオウ”が2発…13日パ・リーグは?

©株式会社Creative2

4番起用に応え2本塁打を放ったオリックス・杉本裕太郎【写真:荒川祐史】

オリ山崎福は642日ぶり白星 日ハム助っ人が来日初白星、ロッテ単独最下位

 パ・リーグは13日、各地で3試合が行われた。

 ソフトバンクは楽天生命パークで行われた楽天戦で延長10回1-0で勝利。首位タイに浮上した。両軍無得点で迎えた10回、1死から松田宣の中前打、福田の四球などで2死一、三塁とすると、代打・栗原が値千金の中前適時打を放ち試合を決めた。その裏は守護神・森が締めた。楽天は先発の美馬が8回5安打無失点と好投したが、打線の援護がなかった。チームの連勝は3でストップした。

 日本ハムは札幌ドームで行われたロッテ戦で3-0で完封勝ち。来日初先発のバーベイトが5回2安打無失点に抑えると、6回からは金子、宮西、浦野、秋吉が無失点でつないだ。打線は3回に大田の中前2点打で先制するなどで3点を奪った。バーベイトは来日初勝利。宮西は前人未到の通算300ホールドを達成した。チームは2連勝を飾り、4カードぶりのカード勝ち越し。勝率5割に復帰した。ロッテはボルシンガーが5回3安打2失点と試合を作ったが、打線が散発4安打。3連敗となった。3カードぶりのカード負け越し。借金5で単独最下位となった。

 オリックスはメットライフドームで行われた西武戦で10-3で大勝。最下位を脱出した。新4番の“ラオウ”こと杉本が3回無死一塁で中越え1号2ランを放つと、7回先頭では左越え2号ソロ。打線は12安打で今季初の2桁10得点を挙げた。4回から救援した2番手山崎福は4回無安打無失点に抑え、2017年7月10日の日本ハム戦以来の642日ぶりの勝ち星。西武は先発の今井が初回に4四球を与えるなど制球に苦しみ、6回途中で6四球、自己ワースト7失点を喫した。打線は4安打と元気がなかった。借金1となった。(Full-Count編集部)