日ハム金子、4年ぶりホールドにも反省 「もうちょっとピシッと抑えたい」

©株式会社Creative2

日本ハム・金子弌大【写真:石川加奈子】

6回から2番手で登板し1イニングを1安打無失点、15年以来のホールドをマーク

■日本ハム 3-0 ロッテ(13日・札幌ドーム)

 日本ハムの金子弌大投手が13日の本拠地ロッテ戦で4年ぶりのホールドを挙げた。

 先発したバーベイトの後を受けて2点リードの6回に登板。藤岡に右前打を許した後、岡を左飛、加藤を三直併殺に仕留めた。打者3人で片付け、7回の宮西につないだ。

「結果的に見れば抑えましたが、先頭を出しましたし、ストライクとボールがはっきりしていることが引っかかりますね。勝っている場面で投げるときには慎重さも大事ですが、もうちょっとピシッと抑えたいです」と振り返った。

 オリックスから移籍1年目の今季は、ショートスターターを取り入れる栗山英樹監督の下、様々な役割を担う。開幕第2戦の3月30日オリックス戦では先発(5回4安打2失点)、4月6日の西武戦は第2先発として3回から登板(2回4安打5失点)、11日のソフトバンク戦は5点ビハインドの6回に3番手として登板(2回2安打無失点)した。

「きょうは6回からだったので、点差を考えると、このまま(続投)はないなと思い、その回を全力でと思いました」と1イニングに全力投球した。

 オリックス時代の15年以来のホールドをマークしたが「ホールドは気にしていません」と笑った。「勝っている時はつなぐ、負けている時は流れを変える。任されたところでしっかり抑えたいと思っています」と優勝だけを見据えて投げ続ける。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)