ナショナルズ 今季初の二者連続アーチで逆転勝利

©MLB Advanced Media, LP.

【パイレーツ2-3ナショナルズ】@ナショナルズ・パーク

ナショナルズは1点ビハインドの8回裏に今季チーム初となる二者連続本塁打が飛び出し、逆転勝利を収めた。8回裏、ナショナルズはパイレーツ2番手のリチャード・ロドリゲスの前にライアン・ジマーマンとビクトル・ロブレスが倒れ、二死走者なしとなったものの、1番のアダム・イートンがライトスタンドに飛び込む1号同点ソロ。さらに、2番のハウィー・ケンドリックもレフトスタンドへ2号勝ち越しソロを叩き込み、終盤に試合をひっくり返した。

7回4安打1失点の好投を見せたパイレーツ先発のクリス・アーチャーに対し、ナショナルズ先発のアニバル・サンチェスも7回7安打2失点の粘投。サンチェスが粘り強く投げ続けたことがチームの逆転勝利を呼び込んだと言っても過言ではないだろう。8回表を三者凡退に抑えた2番手のワンダー・スエロが今季初勝利。逆転に成功した直後、9回表はクローザーのショーン・ドゥーリトルが一死一・二塁のピンチを招いたものの、代打の姜正浩(カン・ジョンホ)を空振り三振、1番のアダム・フレイジャーをレフトへのファウルフライに抑え、1点のリードを守り抜いた。