ジェラードの衝撃転倒から5年…デンバ・バがあのスリップ事件を語る

©株式会社コリー

プレミアリーグ第34節で激突するリヴァプールとチェルシー。5年前のアンフィールドで行われたこの対決は今でも語り草となっている。

悲願のプレミアリーグ初優勝に迫っていた当時のリヴァプールだが、スティーヴン・ジェラードの転倒からデンバ・バに失点を許して0-2で敗戦。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

最終的には勝点差2ポイントの2位となり、優勝を逃している(優勝したのはマンチェスター・シティ)。

【関連記事】ランパードとジェラード、結局どっちが凄い選手なの?編集部の見解は

そうした中、デンバ・バがこの試合について語った。『The Sun』によれば、こう述べたという。

デンバ・バ

「彼を気の毒だとは思わなかった。

自分はスティーヴン・ジェラードのサポーターではない。リヴァプールのサポーターでもない。

マン・シティのサポーターでもないし、彼らの優勝が嬉しかったわけでもない」

「全てゲームの一部だ。自分の仕事をしにいって、勝ちにいく。

アンフィールドでのゴールは僕らに何ももたらさなかった。敵地でリヴァプールを撃破したこと以外は。

僕らを別次元に導いたわけでもないし、リーグ優勝させたわけでもない。

これまで自分が決めてきた普通のゴールでしかない」

デンバ・バ

「あれはストライカーの所業だ。

他の90パーセントのストライカーたちと同様に、僕らは守備のためにいるわけではないし、それが得意でもない。

僕らは少しばかりチートをやれる。プレッシングをするけれど、ディフェンダーたちがやるように本気ではやらない。

DFがボールを持ってターンしたら、バックパスをする前にGKへプレッシングをし始める。もしミスをすればチャンスになるからね。

僕らは常にギャンブルをする。自分は正しいタイミングであそこにいた。ちょっとギャンブルをしたんだ」

「(GKシモン・ミニョレが飛び出してきたのでシュートを狙う)角度がなかった。

GKの足の間をどうにか抜くことができた。角度がかなり狭かったのでね。うまくいったよ」

「(大きな意味のあるものだったか?)

それほどでもない。

彼ら(リヴァプール)にとっては、そうに違いない。だが、僕らにとってはそうじゃない。

もし彼らがあの試合に勝ってたなら、優勝していただろうね」