【ラ・リーガ】主力温存のバルサがアウェイでスコアレスドロー アトレティコはグリーズマンの芸術FK弾などで快勝

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

13日にラ・リーガ第32節が開催。バルセロナがアウェイでウエスカと、アトレティコ・マドリードは本拠地ワンダ・メトロポリターノでセルタ・ビーゴと対戦した。

【ラ・リーガ】バルサ移籍から一転…レアルがヨビッチ獲得に近づく

ミッドウィークにマンチェスター・ユナイテッド戦を控え、リーガ優勝が濃厚とされるバルサは、ウエスカ戦で大幅なターンオーバーを敢行。負傷明けのウスマンヌ・デンベレ、カンテラ育ちのカルレス・アレニャやリキ・プッチらが先発出場を果たした。個の能力でウエスカを圧倒するバルサは、再三に渡ってチャンスを創出。しかしフィニッシュの場面で精度を欠いてスコアレスドローで決着し、互いに勝ち点1を分け合った。

大幅に選手を入れ替えたバルサがスコアレスドローに終わる

【ラ・リーガ】D・コスタが8試合の出場停止処分に バルサ戦で主審に暴言

前節バルセロナとの天王山に敗れ、逆転優勝が絶望的となったアトレティコ。ジエゴ・コスタが今シーズン残りの試合欠場が決定的と苦しい戦いを強いられるも、セルタ戦では底力を発揮する。42分にペナルティエリア手前でFKを獲得すると、アントワーヌ・グリーズマンが左足でネットを揺らす。さらにアトレティコは74分、途中出場のアルバロ・モラタがディフェンスラインの背後に抜け出し、GKを交わして冷静に流し込み勝負あり。無失点に抑えたアトレティコが2-0で快勝した。

自慢の堅守を見せたアトレティコがホームで快勝