琉球ゴールデンキングス、大阪エヴェッサに76―59で快勝 今季大阪とのアウェー戦で初勝利【動画あり】

©株式会社沖縄タイムス社

 プロバスケットボール男子Bリーグ1部西地区優勝の琉球ゴールデンキングスは14日、大阪府のおおきにアリーナ舞洲で同地区4位の大阪エヴェッサと第58戦を行い、76―59で快勝した。通算成績は38勝20敗。

 キングスは35―33の第2クオーター(Q)残り16秒、大阪に3点弾で勝ち越されたが、残り3秒で岸本隆一が3点を沈めてリードは許さず。第3Qでは、大阪のエグゼビア・ギブソンが退場したのをきっかけに連続7得点するなど、57―48まで引き離した。第4Qでも中外からシュートを沈め、今季大阪とのアウェー戦で初勝利を挙げた。

 次戦は20日午後7時5分から、沖縄市体育館で同地区5位の滋賀レイクスターズと戦う。

(観客数5078人)