AKB48に入ったときは38kgなのに…西野未姫リバウンドを語る

©株式会社光文社

元AKB48の西野未姫が、3月31日、「SUMMER STYLE AWARD 2019」の東京大会に出場した。夏が似合うスタイルを競う同大会に参加するため、厳しいトレーニングで体重を7kg落とし、体を絞ったという。

「どうせリバウンドするから、今だけのこのきれいな体を写真に残しておきたい」と、自らグラビア撮影を志願。鍛え上げた体を惜しみなく披露してくれた。

そんな彼女に、インタビューを敢行。

――今回の撮影の感想は?

AKB48でソログラビアをしたときには出せなかった色気が出せたかなと思います。スタッフの皆さんに「かわいい」「きれい」とかたくさん言われて、そんなこと久しぶりだったので照れました(笑)。

――体重の増減の変遷を教えてください。

AKB48に入った14歳のときが38kgで、そこから15kgも太ってしまいましたが、その後、卒業するまでに痩せたくて、47kgまで落としたんです。

ですが、卒業後1年で今度は56kgまで増えて、去年の夏に番組の企画で45kgまで痩せました。そして企画が終わってから年明けまでに、52kgまでリバウンド。今回は再度45kgまで落としました。

――太って困ったことはありましたか?

衣装のズボンの股が裂けちゃったことがあります。ファンは減り、いじられることが増えちゃって……。あとピンクの衣装が多かったのに、太ってからは緑が増えました(笑)。

――大会に出た感想は?

きれいな女性でやりきる予定が、ちょっといつもの西野未姫が出てしまいましたね(笑)。入賞することはできなかったんですけど、いろんな人に「きれいになったね」と言われたのが本当に嬉しかったです!

――20歳の抱負を教えてください。

今回のグラビアをきっかけに、大人な一面を出していきたいと思っています。バラエティで頑張りつつ、ギャップを見せて、女子人気を増やしていきたいです!(笑)

――FLASH読者にひと言お願いします。

見てくださった皆さん、ありがとうございました。今回2年ぶりのグラビアということで、大人になった西野未姫を見せられたんじゃないかなと思います! これを見て私のことを好きになってくれたら嬉しいです(笑)。これからも応援よろしくお願いします!

にしのみき
20歳 1999年4月4日生まれ 静岡県出身 T157 体重45kg 2012年、AKB48の14期生としてデビュー。「第二のまゆゆ」と呼ばれ、研究生時代より「三銃士」として注目された。卒業後は多数のバラエティ番組に出演。大きすぎるリアクションから「第二の鈴木奈々」とも呼ばれ、次世代バラエティ女王として期待されている。そのほか最新情報は、公式Twitter(@mikinishino4)、Instagram(@nishinomiki_official)にて

(週刊FLASH 2019年4月23日号)