福井県民が愛したピアなぜ閉店した

©株式会社福井新聞社

2003年に閉店したピア。福井県内のショッピングセンターに大きな教訓を残した=福井県福井市二の宮2丁目

 福井県民の買い物場所の主役として親しまれているショッピングセンター(SC)。相次いで設立された昭和には好調に推移したが、平成に入って潮目は変わった。相次ぐ競合店の出店などで経営環境は厳しさを増し、2003年5月にはSCの成功例とされたピア(福井市)が閉店した。

⇒【連載】平成の30年 福井では何が起きたのか

 ピアがオープンしたのは1977年11月。全国で次々とSC設立の動きが見られた時期で、県内でもピアの前後に大野市、勝山市などでオープンした。運営形態は、いずれも地元の中小商業者による協同組合だった。

 これには大きな理由があった。当時、ダイエーが破竹の勢いで全国展開を進めており、県内商業者は危機感を募らせていた。ダイエーの県内出店を阻止しようと各地で地元業者が協同組合を設立し、SCを立ち上げた。

 ピアはジャスコ(現イオン)との共同運営だったが、地元組合のフクイショッピングプラザが主導権を握った。ピアの敷地面積は約4万2千平方メートルで、鉄筋コンクリート造り3階建て。約60店が入り、当時としては県内最大規模だった。ベルの設立にも尽力した故岡晃一郎が初代理事長を務めた。ピアの開店時には周辺に大型商業施設がなく、石川県など広域から買い物客が訪れ、付近の道路は頻繁に渋滞した。

 「(ピアは)家族で来て食事や買い物を楽しんで帰るという、一種のレジャー機能を果たしていた」。87~98年に組合の2代目理事長を務めた末定直三(81)はこう振り返り、娯楽が今ほど充実していなかった時代の需要を取り込んでいたと説明する。88年には県内で初めてポイントカードを導入して売り上げを伸ばし、ピークとなった92年度の売上高は約150億円に達した。

 しかし、以降は売り上げの減少が続き、晩年にはピーク時の半分以下にまで落ち込んだ。移転やリニューアル計画も浮上したが、実現できないまま2003年に閉店した。

 経営難に陥った原因は、さまざまあった。一つは競合店の増加だ。ピアのオープン当時、福井市周辺にSCがなかったため、広域から客が訪れた。その後、ベル、パリオ、アミなどSCが開業していくにつれ、ピアの商圏は縮小した。ポイントカードの導入など先進的な取り組みを進めたが、勢いを持続できなかった。

 「(競合店の増加などで)SCの経営が厳しくなっていくという認識が希薄だった」と指摘するのは、小売業界に詳しい県中小企業団体中央会企画振興課長の芹澤利幸(44)。オープンから右肩上がりの業績でバブルに突入し、建物も土地も資産価値が上がっていく前提の経営だったという。だが実際、価値は上がらなかった。

 末定は「協同組合という組織のシステム上の問題もあった」と話す。組合員は平等で物事は多数決で決まる。会社組織に比べ意思決定が遅く、対応が後手に回ってしまう。さらに、組合は内部留保を積み上げる仕組みを構築していなかったため、次第に資金不足に陥った。末定は「減価償却することを提案したが、(組合内で)理解を得られなかった」と悔やむ。

 ピアは閉店後も苦難を味わった。施設の建設費返済に充てるため、組合側が出店組合員から預かり金として徴収していた建設協力金の返還訴訟のほか、イオンに土地を売却する計画も交渉が難航。組合は破たんした。

 ピアの繁栄は長く続かず、平成半ばに幕を下ろしたが、にぎわった当時を懐かしむ県民は多い。「単独では大手資本に太刀打ちできない中小、零細事業者が団結して生まれたピアのやり方は画期的だった」。末定はこう語り、県民の心をつかんだのと同時に地元商業者に希望を与えた存在でもあったと強調する。ピアを模した「福井方式」と呼ばれるSCが県内をはじめ、全国で次々と誕生していったことが、それを物語っている。(敬称略)