【順位結果】インディカー・シリーズ第4戦ロングビーチ決勝レース

©株式会社サンズ

 ロングビーチ市街地で開催されたインディカー・シリーズ第4戦。14日に行われた決勝レースは、アレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)がポール・トゥ・ウインで完勝。伝統のグランプリを2年連続で制した。

 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、8位でレースを終えた。

 今年からアキュラが冠スポンサーとなったロングビーチでの市街地レース。快晴のもとレースはスタートを迎える。

 予選で見事なアタックを見せたロッシは、2番手のスコット・ディクソンにスタートで並ばれるもトップをキープ。

 後方で多重クラッシュのアクシデントでフルコースコーションとなるも、リスタートでもポジションを譲らない。

 徐々にリードを広げるロッシは、2回のピットストップも完璧に遂行し、2位に20秒の差をつけてトップチェッカー。ポール・トゥ・ウインで、2年連続のロングビーチウイナーとなった。

 2位は、1回目のピットストップでポジションをアップしたニューガーデンが入った。

 ディクソンは、2度目のピットストップで燃料がなかなか入らずタイムロス。ポジションをダウンしたが、残り3周でライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)を交わし4番手に。

 さらに前のグラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)に迫る。

 レイホールは3番手を死守してチェッカーを受けたが、ブロッキングのペナルティが科せられ、ディクソンが3位表彰台を獲得した。

 8番手スタートで決勝レースに挑んだ佐藤琢磨。マシンバランスに苦しむも、ポジションをキープし8位フィニッシュを果たした。

■2019NTTインディカー・シリーズ第4戦ロングビーチ/決勝レース結果

Pos. No. Driver Team Eng Laps SP

1 27 A.ロッシ アンドレッティ・オートスポート H 85 1

2 2 J.ニューガーデン チーム・ペンスキー C 85 4

3 9 S.ディクソン チップ・ガナッシ H 85 2

4 15 G.レイホール レイホール・レターマン・ラニガン H 85 6

5 28 R.ハンター-レイ アンドレッティ・オートスポート H 85 7

6 22 S.パジェノー チーム・ペンスキー C 85 5

7 12 W.パワー チーム・ペンスキー C 85 3

8 30 佐藤琢磨 レイホール・レターマン・ラニガン H 85 8

9 5 J.ヒンチクリフ アロウ・シュミット・ピーターソン H 85 15

10 10 F.ローゼンクヴィスト チップ・ガナッシ H 85 12

11 18 S.ブルデー デイル・コイン・レーシング H 85 14

12 31 P.オワード カーリン C 84 9

13 98 M.アンドレッティ アンドレッティ・ハータ・オートスポート H 84 11

14 59 M.チルトン カーリン C 84 16

15 4 M.レイスト A.J.フォイト・レーシング C 84 20

16 20 E.ジョーンズ エド・カーペンター・レーシング C 84 17

17 26 Z.ビーチ アンドレッティ・オートスポート H 84 22

18 21 S.ピゴット エド・カーペンター・レーシング C 84 23

19 14 T.カナーン A.J.フォイト・レーシング C 83 21

20 7 M.エリクソン アロウ・シュミット・ピーターソン H 83 19

21 19 S.フェルッチ デイル・コイン・レーシング H 83 13

22 60 J.ハーベイ マイヤー・シャンク・レーシング H 82 18

23 88 C.ハータ ハーディング・スタインブレナー H 50 10

※リザルトは編集部調べ