京急、GWの下り快特に指定席設定 川崎や横浜からでも着席保証

©Traicy Japan Inc,

京浜急行電鉄(京急)は、ゴールデンウィーク期間中の快特列車の一部車両で、有料の座席指定サービス「ウィング・シート車」を運行する。

2100形で運行している品川駅始発の快特列車2本の前から2両目の車両を指定席車両とし、京急川崎駅および横浜駅からの着席を保証するもの。2018年秋以来、2回目の運行となる。

運行日は4月28日・29日、5月4日・5日の計4日間。午前8時8分品川発(同8時19分京急川崎発、同8時26分横浜発)、同8時28分品川発(同8時39分京急川崎発、同8時46分横浜発)の2列車が対象となる。座席指定券は京急川崎と横浜の発売分がそれぞれ24席ずつで、品川からの指定席車両利用はできない。座席指定券は一律300円。運行日当日、各列車発車の約15分前から5分前まで、乗車駅のホームでのみ発売する。