三菱「アウトランダーPHEV」累計販売台数20万台を達成

©オートックワン株式会社

三菱 プラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」 グローバル累計販売台数20万台を達成

三菱「アウトランダーPHEV」がグローバル累計20万台を達成

三菱は、同社のプラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」のグローバル販売台数が累計で20万台を達成したと発表した。

「アウトランダーPHEV」の特長

アウトランダーPHEVは2013年の発売開始から世界50か国以上で販売されており、世界で最も売れているプラグインハイブリッド車である。また欧州ではプラグインハイブリッドカテゴリーの中で、2015年から4年連続で販売トップを達成している。

2018年に発売の現行型では、バッテリー容量(+15%)、バッテリー出力(+10%)、リヤモーター出力(+17%)をそれぞれ向上させることにより、EV航続距離が65km(JC08モード)に伸長するなど、PHEVシステムの主要構成部分の約9割を改良した。

受賞歴

「アウトランダーPHEV」は2013~2014年日本カーオブザイヤー「イノベーション部門賞」、2014年「RJCテクノロジーオブザイヤー賞」のダブル受賞をはじめ、2018年には米国グリーンカージャーナル誌の「ベストSUVオブザイヤー賞」、2018 年には英国カンパニーカーアンドヴァン誌の「2019ベストプラグインビークル賞」など、各国で数々の賞を受賞している。