フィアット「500X」を一部改良、新デザインと新世代エンジンを採用

©オートックワン株式会社

フィアット 500X 改良モデル発売 新世代のオールアルミ製1.3L直列4気筒 “FireFly”ターボエンジンを搭載

フィアット 500Xを改良、新デザインと新世代エンジンで登場

FCAジャパンは、フィアット「500X(チンクエチェント・エックス)」を改良し、2019年5月18日から発売する。価格は298万円~334万円(消費税込み)。

500Xは、2015年10月に日本に導入されたフィアット初のスモールSUV。今回の改良ではデザインを刷新し、フィアット初採用となる新世代エンジンを搭載する。日本ではエントリーモデルである「500X」と、装備を充実させた「500X クロス」の2タイプが導入される。

フィアット 500Xの主な特長

新世代エンジンを搭載

今回の改良では、新世代のオールアルミ製1.3L直列4気筒“FireFly”ターボエンジンが搭載される。

燃焼室形状の最適化やフィアットの独自技術であるマルチエアの進化により、最高出力は151PS、最大トルクは270Nmを発生する。さらに燃費は従来の1.4Lターボエンジンに比べて約10%向上している。

SUVらしさを強調するデザイン

外装(エクステリア)は前後バンパーを一新し、SUVらしさを強調するクロススタイルを採用している。新デザインのヘッドライトのほかドライビングライトやリアコンビネーションランプがLED式へと変更された(500X クロスのみ)。

またデイタイムドライビングライト及びポジショニングライトは上下で分割され、シリーズシンボルである「500」のロゴをモチーフにしたデザインが採用されている。

充実した装備

レザーステアリングホイールや前席シートヒーター、クルーズコントロール、デュアルゾーン式フルオートエアコン、「Apple CarPlay」および「Android Auto」に対応した7インチタッチパネルモニター付のインフォテインメントシステム「Uconnect」、衝突被害軽減ブレーキ付の前面衝突警報、車線逸脱警報、リアパーキングカメラなどの快適・安全装備を全車標準採用している。

さらに500X クロスではLEDヘッドライトやレザーシート(前席8ウェイパワーシート付)、パドルシフト、アダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニター、フロントパーキングセンサーなど充実した機能が装備される。

各モデルのスペックと価格

500X

■エンジン:1.3Lターボエンジン

■トランスミッション:6速デュアルクラッチ

■駆動方式:FF

■価格:298万円

500X クロス

■エンジン:1.3Lターボエンジン

■トランスミッション:6速デュアルクラッチ

■駆動方式:FF

■価格:334万円

※価格はいずれも消費税込み