新たな世界への旅立ち 市内の中学校で卒業式

福島県相馬市 広報そうま(平成31年4月1日号)

©株式会社VOTE FOR

3月13日、市内の中学校4校で一斉に卒業式が行われ、332人が卒業証書を手に学び舎を巣立ちました。
磯部中学校では9人が卒業。
本間義和磯部中学校長が卒業生一人一人に卒業証書を手渡し「今渡した卒業証書は、皆さんが3年間がんばった証しです。
皆さんのこれからの人生が健康で幸せであることを祈っています」と卒業生に向けはなむけの言葉を伝えました。
卒業生代表の生徒が、「卒業は別れでありスタートです。自分たちの力で少しずつ前に進んでいき、見守ってくれた先生方や保護者、友達へ恩返ししていきます」と仲間と共に過ごした3年間の学校生活を振り返り、新たな旅立ちへの抱負を述べました。