レノボ・ジャパンとみんなのコード、子どもが自分のプログラム作品を展示するイベント「Kids Maker Festival」を開催

©株式会社翔泳社

レノボ・ジャパンは、みんなのコードと早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所・鷲崎研氏との共催で、プログラミングが好きな子どもたちの交流の輪を広めるイベント、「Kids Maker Festival」を5月19日に開催する。参加費は無料。

「Kids Maker Festival」は、Lenovo Foundation(レノボの慈善財団)の活動の一環として、 小中学生のSTEM(Science、 Technology、 Engineering、 Mathematics)への興味喚起のため、自分がプログラムした作品(ハード・ソフトを問わず)を展示し説明するイベント。従来のコンテストなどとは異なり、作品の優劣を競い合うものではなく、子どもたちにプログラミングが好きな同年代の友達を増やしてもらうことを目的としている。

本イベントは、他者の作品から新たな着想を得たり、 自分自身の作品について考えたことを伝え合ったりする経験を通じて、 子どもたちが自分の作品に自信をもって発表できるような機会を届けたいとの想いで企画された。

参加資格は日本在住の小学生・中学生で、先着100組。 個人・グループに関わらず応募できる。また当日、会場での参加が難しい場合でも、 作品の概要を口頭または実演で説明したピッチビデオによる参加が可能。開催日時は5月19日(日)の12時~16時(出展者は10時30分~17時)。

場所は早稲田大学グリーンコンピューティング・システム研究機構(東京都新宿区)で、参加費は無料。

なお、子どもたちの安全への配慮のため、見学者含めて以下のページから応募した人のみ参加が可能となっている。