世界パラ競泳、9月にロンドンで

東京予選兼ねる、国際委員会発表

©一般社団法人共同通信社

 【ベルリン共同】国際パラリンピック委員会(IPC)は15日、2020年東京パラリンピックの予選を兼ねるパラ競泳の今年の世界選手権を9月9~15日にロンドンで開催すると発表した。12年パラリンピックの舞台だった五輪公園内の水泳センターが会場となる。

 日本代表として木村敬一(東京ガス)ら男子9人、成田真由美(横浜サクラ)ら女子5人が出場する世界選手権では、各種目で上位2選手に国・地域の出場枠が与えられる。日本身体障がい者水泳連盟は世界選手権で優勝した選手を東京大会の代表とする方針だ。